• 確かな技術力で街の未来を支える
  • 街の開発・保全・整備の一翼を担う
  • 高品質の施工で街の基盤を想像する
私たちは型枠工事のプロ集団です

有限会社アネットコーポレーションは、平成13年の設立より、建築型枠工事専門会社として多くの工事を手掛けて参りました。型枠工事は、ビル・マンションの基礎となる土台を作る仕事です。建物が完成してしまえば目立たない場所ではありますが、ご承知の通り土台がしっかりしていなければ、安全安心を確保することはできません。縁の下で建築物やそこで暮らす皆様の生活をお守りする役目であることを深く心に刻みながら、日々、全力で施工にあたっています。

おかげさまで、現在は、大手から中堅、また地元の建設会社様より新規案件のご相談、ご発注をコンスタンスにいただける会社に成長することができました。こうした発展を支えているのは、良い人材であり、彼らが持つ技術力です。常に新しい技術・工法を取り入れて、さらに信頼される専門業者となれるよう努力すると共に、時代の変化にも、スピーディーかつ柔軟に対応してきました。

今後ますます、人材育成に力を注ぎ、技術力を強化して、建設会社様のよきパートナーに、さらには、地域づくりに貢献できる会社へと発展していきたいと考えています。

PAGE TOP

小規模~大規模プロジェクトまで先進工法で支援します

現場の諸条件、プロジェクトの特性、元請のご要望などを考慮し、常に最適化されたプランをご提案。型枠工事の計画から施工、品質確認まで一貫対応できるのが、アネットコーポレーションの強みです。

型枠工事には、ベニヤ板を使う従来の在来型枠工法と比較的新しいラス型枠工法があります。私どもは、早くから「ラス型枠」を使った工法を取り入れてきました。その理由は、扱いやすさと環境への負荷軽減にあります。

ラス型枠は、プレカットされた状態で工場から届くため、現場で切断する作業は必要はありません。組み立てるだけで施工ができるため、工期短縮が可能で人件費を抑えることもできます。 また、非常に軽量で、高齢の職人でも比較的作業がしやすいという特徴もあります。近年建設業界では型枠大工や職人の高齢化、人手不足等が大きな問題となっていますから、時代にマッチした工法と言えるでしょう。

さらに、ラス工法の場合は、型枠解体が不要でコンクリート打設後すぐに埋め戻し作業にかかれ 工期短縮につながります。 産業廃棄物が減り、環境にも優しい工法と言えます。

在来型枠と組み合わせることで、見た目の美しさと合理化の両方を実現し、お客様に喜ばれてきました。新しい技術を取り入れ、いかにローコストでお客様のご要望に応えていくか-。私どもは今後も、この課題に真摯に取り組んでまいります。

PAGE TOP

型枠大工の育成に力を注いでいます

鉄筋コンクリートや鉄骨構造の建築現場で、コンパネと呼ばれるコンクリートパネルを精巧に加工し、コンクリートを流し込む型を作る技術者を型枠大工と呼びます。 従来の型枠による仕事は、経験を何年も積み上げなければ一人前とは呼ばれませんでした。ところが、ラス型枠の場合、現場作業は初心者でもできる仕事がたくさんあり、 2~3年で仕事を一通り覚えることができます。ラス型枠による現場仕事に慣れてきたら、職人技も要求される在来型枠の仕事を学んだり、設計図から作業工程を想定して型枠を発注したり、 大勢の職人を率いて工程管理をしたりと、多くのステップアップが待っています。高品質のものづくりには、高い技術をもった職人が必要不可欠です。 当社は、人材育成に力を入れ、さらなる技術向上につなげていきたいと考えております。

会社概要・沿革をご紹介します。